マクドナルドは3日続伸、いちよしはフェアバリューを2000円に引き下げ

 日本マクドナルドホールディングス<2702.T>が3日続伸。いちよし経済研究所が10日付のリポートで投資判断「C」を維持。フェアバリューは従来の2100円から2000円に引き下げた。
 リポートでは「14年12月期も直営店店舗数の減少や閉店の影響もあり売上高は減少する。メニューの見直しや既存店売上高の底打ちなどもあり営業利益は前期比増加を見込むが、店舗のリロケーションや改装を進めること(180~200店舗)、マックデリバリー(宅配)導入店舗数拡大(13年12月期末133店舗から14年12月期末270店舗程度)などの投資負担もあり、当研究所では前回の営業利益予想の150億円に対して122億円(前期比5.9%増)に下方修正する」としている。

マクドナルドの株価は14時28分現在2673円(△81円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)