抵抗器が後場大幅高、13年12月期業績予想を上方修正で、ハイブリッド車向けなど伸長

 日本抵抗器製作所<6977.T>が後場大幅高。午後2時ごろに集計中の13年12月期連結業績について、売上高を従来予想から56億円から58億2400万円(前期比10.3%増)へ、営業利益を同9000万円から1億7000万円(前期4300万円の赤字)へ、純利益を同3800万円から4800万円(同1000万円の赤字)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。自動車関連の受注が回復し、ハイブリッド車用の電子部品や車載用電子部品の売り上げが増加したほか、省エネ設備用LED照明電源の売り上げも伸長したことが要因としている。

抵抗器の株価は14時52分現在128円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)