ファンケルが14年3月期通期予想を上方修正

 ファンケル<4921.T>はこの日、大引け後に今14年3月期通期業績予想を修正。連結売上高で当初計画の785億円から795億円(前期比4.0%減)へ、営業利益で11億円から27億円(同30.0%減)へ、経常利益で13億円から30億円(同32.2%減)へ、最終損益で3億円の赤字から7億5000万円の黒字(前期実績21億9300万円の赤字)へ上方修正した。化粧品関連事業が当初計画を上回る好調で、栄養補助食品関連事業の新製品販売計画見直しに伴い一部経費の支出が計画を下回ることが要因。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)