オイシックスが14年3月期業績予想を下方修正、顧客層獲得が当初予想を下回る

 オイシックス<3182.T>がこの日の取引終了後、14年3月期の単独業績見通しについて、売上高を従来予想の163億5100万円から157億4100万円(前年同期比8.0%増)へ、営業利益を同8億2700万円から7億3300万円(同横ばい)へ、純利益を同5億円から4億3000万円(同26.8%増)へそれぞれ下方修正した。主力のEC事業で、新たにスタートした「KitOisix」や「Oiチカ」などの新商品・新サービスの投入による顧客層の拡大が当初予想を下回ったことや、震災後の定期購入会員数急拡大の反動に伴う解約率の高止まり傾向が、想定より長引いたことなどが要因としている。
 同時に発表した第3四半期累計(4~12月)業績は、売上高119億7200万円(前年同期比6.9%増)、営業利益6億2600万円(同10.7%増)、純利益3億6900万円(同4.8%増)となった。EC事業で、定期宅配サービス「おいしっくすくらぶ」会員数が7万7475人(前期末7万3865人)に増加したことに加えて、高付加価値ブランド食品を扱う「Oiチカgourmet」、献立キット「KitOisix」など新サービスを開始したことが寄与し、増収増益を確保した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)