イトーキはコスト対策進展で前期利益は計画を上振れる

 イトーキ<7972.T>は12日取引終了後に集計中の前13年12月期の連結利益予想を上方修正した。前回の売上高1100億円を1034億6100万円(前の期比1.9%減)に引き下げる一方、営業利益40億円を41億4000万円(同20.3%増)へ増額。原価低減、経費削減などコスト対策の進展で営業、経常利益が計画を上回り、さらに、有価証券売却益を特別利益に計上したことで、純利益は30億円から39億1000万円(同44.7%増)へ計画を大きく上振れる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)