為替に波乱なければ昨日の展開を継承する動き

SQ前で引き続き小さな出入りには注意
昨夜のN.Y市場はまちまちの動き。先物寄り付きの気配は14800処となっています。ほぼ昨日の水準内での寄り付きとなるでしょう。今日も小動き前提で見ていく事となります。SQ週になりますので、引き続き小さな出入りはあると考えていますが、102円台半ばでブレが小さくなっているドル円が、どちらかにブレない限り、大きな動きや崩しはないでしょう。目処的には意識ポイントとしての14750、さらに昨日の残し窓端14730となり、上は昨日の高値14880は継続して意識していくでしょう。短期売買においても、14800を挟んでの方向感のない動きは念頭に入れておく必要がありますね。