ソフトバンクは強弱感対立、4~12月期最高純利益達成も

 ソフトバンク<9984.T>は強弱感対立で前日比弱含みもみ合いとなっている。同社が12日発表した13年4~12月期連結純利益は、前年同期比58.1%増の4882億3100万円と同期間の過去ピーク純益を更新した。スマートフォンの販売好調でNTTドコモ<9437.T>の同期間の純利益を凌ぐ水準を確保したが、好業績はある程度株価に織り込まれており、評価する動きと利益確定の動きが相半ばする展開。朝方高く始まったものの、その後は上値の重さが目立っている。

ソフトバンクの株価は9時20分現在7760円(▼22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)