NYダウの5日ぶり反落を受け、利益確定売り先行

13日の株式相場見通し
13日の東京株式市場は、3日続伸の後だけに、その反動で利益確定の売りが先行することが予想され、日経平均株価は4日ぶりの反落となりそうだ。
12日の米国株式市場は、NYダウ平均株価が前日比30ドル安の1万5963ドルと5日ぶりに反落した。13日早朝の東京外国為替市場は1ドル102円50銭を挟んでの小幅な値動きで終始している。

 日程面では、1月の企業物価指数、12月の産業機械受注額、1月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向、1月の中古車販売台数に注目。海外では、イエレンFRB議長が米上院で金融政策について証言、米1月の小売売上高、米12月の企業在庫が焦点になる。