AGCapは朝高後に値を消す、第3四半期最終利益2億5100万円

 アジアグロースキャピタル<6993.T>が朝方は前日比31円(9.5%)高の356円まで買われたものの値を消す展開。同社は12日、14年3月期第3四半期累計連結決算を発表した。売上高は48億6800万円(前年同期実績3億1600万円)、営業利益は5億5600万円(同2億5500万円の赤字)、最終利益は2億5100万円(同1億800万円の赤字)となった。
 今第3四半期からディーワンダーランド(DW)と、その完全子会社の大黒屋を連結化したことで黒字転換を達成した。また、大黒屋は円安に伴う外国人観光客などによる免税売上高の増加や、増床効果などを背景に好調に推移しており、AGCapの大幅増収増益の牽引役となっている。

AGCapの株価は10時25分現在299円(▼26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)