矢作建がしっかり、「国土強靭化」背景に14年3月期再増額含み

 矢作建設工業<1870.T>がしっかり、4ケタ大台復帰を指呼の間にとらえている。独自工法で耐震工事の実績を積み重ねており、「国土強靭化」の国策支援を背景に喫緊の課題となっている橋梁補修などで同社の活躍余地が広がっている。一方で、コスト構造の見直しにより収益体質も格段に引き締まっており、「昨年10月に上方修正した14年3月期の連結営業利益60億円(前期比2.3倍)からさらに上積みが見込まれる」(証券系調査機関)という指摘がある。15年3月期も利益成長継続の見通しで、時価近辺は押し目買いを呼び込んでいる。

矢作建の株価は10時30分現在972円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)