千代化が反発、北米産シェールガスの輸入大きく前進と報じられる

 千代田化工建設<6366.T>が反発。13日の日本経済新聞が「北米産シェールガスの輸入が大きく前進した」と報じたことを受け買い戻しが先行している。米エネルギー省は11日までに、日本勢の3カ所4事業すべてを承認。2017年から輸入が始まる見通しと伝えており、カタールガス社向け大型LNGプロジェクトに実績を持つ同社には商機が広がるとの見方が広がった。12日昼休み時間中に発表した今14年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算では想定為替レートを従来の1ドル=90円から100円へ変更したものの、通期業績予想は売上高4700億円(前期比17.8%増)、営業利益240億円(同4.4%減)と前回予想を据え置いたことで、前日は失望売りに反落となっていた。

千代化の株価は10時31分現在1539円(△38円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)