青山商が続伸、自社株取得枠の設定や記念配の実施を発表

 青山商事<8219.T>が続伸。株価は一時、前日比211円高の2740円まで買われた。
 同社は12日取引終了後に、自社株取得枠を設定したと発表。100万株(発行済株式の1.63%)、30億円を上限とし、取得期間は2月14日~3月14日までとしている。
 また、期末に創業50周年の記念配10円を実施する方針もあわせて表明。期末配当は従来計画の45円から55円となり、この結果、年間配当は70円から80円(前期実績は60円)となる。
 
青山商の株価は10時53分現在2658円(△129円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)