タカラトミーが反落、中国事業など不振で通期業績を減額修正 

 タカラトミー<7867.T>が反落。同社は12日、14年3月期の連結業績の減額修正を発表したことが嫌気された。売上高は1560億円から1550億円(前期比13.4%減)に見直したほか、営業利益は50億円から28億円(同9.9%増)、最終損益は18億円の黒字から2億円の黒字(前年同期は70億9700万円の赤字)に減額した。中国事業で不採算店舗の閉鎖を進めており、在庫評価減や固定評価減などを計上した。また、東南アジアや欧米など海外事業の収益が伸び悩んだ。

タカラトミーの株価は11時30分現在447円(▼14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)