東建物が急反落、14年12月期営業減益予想を嫌気

 東京建物<8804.T>が急反落。12日引け後に発表した連結本決算が、売上高2250億円(前期比2.3%増)、営業利益270億円(同8.0%減)、純利益600億円(同5.9倍)と営業減益が市場予想の340億~350億円を下回り、減益を見込んでいることが嫌気されている。SPC(特別目的会社)の東京プライムステージの連結子会社化の影響を見込んでいるほか、東京プライムが保有する「大手町タワー」の一部譲渡益を見込み、純利益は大幅増益となる見通しだ。
 なお、13年12月期は売上高2200億2600万円(前の期比13.3%増)、営業利益293億6100万円(同5.0%減)、純利益101億2100万円(同1.2%減)だった。

東建物の株価は13時4分現在859円(▼89円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)