TOTOが続落、大和証は「3」に引き下げ 来期業績の減益を予想

 TOTO<5332.T>が続落。大和証券は12日、同社の投資格付けを「2(アウトパフォーム)」から「3(中立)」に引き下げた。目標株価は1600円としている。同社は1月31日に14年3月期第3四半期(4~12月)の連結業績を発表、営業利益は前年同期比93.4%増の325億2600万円と好調だった。同証券では、「非常にポジティブな決算」と評価したが、「来期の営業増益は容易ではない」とし投資判断を引き下げた。
 特に、来期は消費増税前の駆け込み需要の反動減が顕在化する可能性があるほか、海外では中国とインドで新工場が稼働し、償却負担の増加が予想される。このため、同証券では14年3月期の営業利益は465億円に対し、来期は440億円を予想している。

TOTOの株価は13時44分現在1528円(▼64円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)