TOAが軟調、岡三証券が「強気」から「中立」に引き下げ

 TOA<6809.T>が小幅続落。岡三証券が12日付でレーティングを「強気」から「中立」に引き下げている。自治体の災害情報の放送などで利用される拡声放送機器は、防災体制強化の動きからホーンアレイスピーカーを採用する自治体が増加していることを評価しているが、その一方で、円安による調達コストの増加やインドネシア工場での賃上げ影響などを指摘。今14年3月期通期予想を同証券では連結営業利益で会社側計画と同様の41億円(前期実績36億2000万円)から39億円へ、来期予想を50億円から43億円に引き下げている。

TOAの株価は13時57分現在1002円(▼16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)