五洋建が6日続伸、14年3月期業績予想の上方修正で

 五洋建設<1893.T>が6日続伸。午後2時ごろに14年3月期連結業績見通しについて、売上高を従来予想の3570億円から3670億円(前期比4.9%増)へ、営業利益を同90億円から98億円(同51.6%増)へ、純利益を同26億円から34億円(同67.8%増)へ上方修正した。株価は朝方から好決算期待で買われていただけに、短期的な材料出尽くし感から利益確定売りに伸び悩む場面もあったが、その後は堅調な推移となっている。
 業績予想の上方修正は、政府の経済対策による公共投資の増加や、民間設備投資の回復など受注環境の改善で、建設受注高が当初の予想を上回る見通しとなったことに加えて、支払利息の減少など営業外損益が改善する見通しであることが要因。なお、第3四半期累計(4~12月)業績は、売上高2811億7400万円(前年同期比12.5%増)、営業利益70億2900万円(同2.3倍)、純利益33億1900万円(同4.1倍)だった。

五洋建の株価は14時23分現在382円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)