ルツボが後場4.3%高まで上昇、14年3月期利益予想の上方修正を好感

 日本ルツボ<5355.T>が後場一時、前日比7円(4.3%)高まで上昇する場面があった。午後2時20分に14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の79億5000万円から78億円(前期比1.4%増)へ下方修正する一方、営業利益を同3億円から3億4000万円(同9.0%増)へ、純利益を同2億3000万円から2億7000万円(同6.6%減)へとそれぞれ上方修正したことを好感した買いが入ったようだ。売上高はやや未達となる見込みだが、購買努力と生産性向上による原価低減やコスト削減に努めたことが奏功したという。また、業績予想の修正に伴い、従来3円を予定していた期末配当を4円(前期4円)にすると合わせて発表したことも好材料視されている。
 同時に発表の第3四半期累計(4~12月)業績は、売上高58億4200万円(前年同期比0.2%減)、営業利益2億5600万円(同9.2%減)、純利益2億2600万円(同8.9%増)となった。自動車関連産業の回復が鈍かったことに加えて、円安に伴う原料価格の上昇が響いたととしている。
 
ルツボの株価は14時45分現在161円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)