OBARA-Gが自社株買い発表、発行済1.03%相当の20万株

 抵抗溶接機や半導体向け研磨装置を手掛けるOBARA GROUP<6877.T>が13日、自己株式を除く発行済み株式総数の1.03%に相当する20万株、5億円を上限に自社株取得枠の設定を発表、2月14日~3月28日の期間内に取得する方針。なお、同日発表した14年9月期第1四半期(13年10~12月期)連結決算は売上高が前年同期比36.9%増の111億9300万円、営業利益が同59.1%増の19億8200万円、純利益が62.3%増の15億1000万円だった。自動車生産の拡大を背景に溶接機が好調、消耗品の販売も収益に貢献している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)