SQ通過後も不安定な動き継続

為替の動向に惑わされる
中国のシャドーバンキングデフォルト懸念もありますが、昨夜のN.Yは上昇。一時は101円台に入ってたドル円も、現在は102円台前半を推移しています。OPのSQとなりますが、寄り付きの気配が14550辺りになっていますので、14500前後が落しどころになりますでしょうか。更なる戻しがあると考えますと、14630辺りまでは想定してみておく必要があります。為替動向が不安定ですと、ノイズのある動きとなり、方向感が出にくい相場となります。ひと押しあれば円高からの14400割れが見えてきます。寄り付き後の急な動きには注意が必要でしょう。