◎欧米外為市場サマリー

 13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=102円16~17銭と前日に比べ30銭強の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=139円74~78銭と同40銭の円安・ユーロ高だった。 
 この日発表された米1月小売売上高は前月比0.4%減と市場予想(0.0%)を下回った。また新規失業保険申請件数(前週分)も33.9万件と市場予想(33.0万件)に比べ雇用情勢の悪化を示す内容だった。注目された経済指標が、弱い内容となったことから円買い・ドル売りが膨らみ一時、101円70銭へ円高が進んだ。ただ、102円割れの水準には値ごろ感から円売り・ドル買いが流入。NYダウの上昇もあり、その後、102円33銭まで値を戻した。結局、102円10銭台で取引を終えた。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3679~80ドルと同0.0140ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)