明治HDが反発、4~12月期63%最終増益好感

 明治ホールディングス<2269.T>が反発。同社は13日、13年4~12月期の連結決算を発表、売上高は前年同期比1.1%増の8624億3200万円、純利益が同63.2%増の190億3100万円と好調だった。純利益は4~12月期時点で通期見通しをわずかながら超過している。利益率の高い高機能ヨーグルトなどが好調で業績に貢献したほか、株式市場の上昇で投資有価証券評価損などの特別損失が減少したことも利益押し上げ要因となっている。一方、医薬品事業は、抗うつ薬やジェネリックの販売が伸びている。株価は2月4日の6000円トビ台を目先の底値に戻りトレンドを鮮明としていたが、好業績を評価する格好で改めて買いが優勢となっている。

明治HDの株価は9時17分現在6470円(△100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)