アルデプロ(8925)、買い一巡後は急速に伸び悩む

チャートの強気形状は崩れず
買い一巡後は急速に上値が重くなっている。ローソク足では上ひげが出現しており、160円付近に壁が存在しているようだ。恐らくこれは「テクニカルの壁」であり、需給要因によるもの。今のところチャートの強気形状は崩れておらず、株価は上値模索の動きが続くと思われる。