戻っても20日移動平均線の壁=外為どっとコム総研 石川久美子

戻っても20日移動平均線の壁
一昨日、ドル/円は20日移動平均線に頭を押さえられ、昨日には失速、という流れになった。101円台では買い支えられたものの、これはNYダウ平均が上昇したことによるもの。本日、ドル安要因が重なれば、あっさりと102円台を割り込んで下げることは十分にあり得るため、要注意だ。

本日は米国の鉱工業生産やミシガン大消費者信頼感指数・速報値など主要経済指標の発表が複数ある。昨日の米小売売上高指数と同様、弱い結果となれば、ドルの一段安を誘発しよう。
なお、主要国株価が一日を通して堅調だったり、米指標が良好な結果となってドル/円が上昇した場合、まずは20日線(執筆時点:102.565円)が乗り越えるべき壁となろう。