サニックスが続落、14年3月期通期の利益予想下方修正を嫌気

 サニックス<4651.T>が続落。同社は13日、大引け後に今14年3月期通期業績予想を修正。連結売上高では当初計画の715億円から845億円(前期比94.9%増)へ上方修正したが、営業利益は80億円から63億円(同3.4倍)へ、経常利益は79億5000万円から60億円(同3.4倍)へ、純利益は51億円から36億円(同2.3倍)へ下方修正したことが嫌気されている。「産業用太陽光発電システム」の施工や卸販売の受注拡大などが売上高を押し上げているが、技術職などの大規模な採用に絡む費用や、物流体制を拡充するための費用などを含めて、固定費が大幅に増加していることが利益を圧迫している。固定費が増加しているものの、物流体制拡充効果などが今後表面化すれば利益増に寄与していきそうだ。

サニックスの株価は11時10分現在825円(▼63円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)