マイクロニクスは1万円乗せ達成、目先筋の買い集め売買代金膨らむ

 日本マイクロニクス<6871.T>が連日人気。一時、前日比1040円高の1万190円まで買われ初の1万円乗せを達成した。同社は半導体の計測器具(プローブカード)などを手掛けているが、昨年11月に二次電池の量産化技術を開発したことが関心を集めたほか、今月7日には14年9月期連結業績の増額修正を発表した。注目材料を抱える好業績銘柄として目先筋の買いが集中し、株価は昨年12月初旬から10倍近くに跳ね上がっている。この日の売買代金ランキングでは午後1時時点でソフトバンク<9984.T>に次ぐ2位となっている。ただ、市場からは過熱感を指摘する声が多く、いったん売りが膨らめば株価は急落する可能性も出ている。

マイクロニクスの株価は13時58分現在1万280円(△1020円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)