大平金が大幅続落で新安値、14年3月期赤字幅拡大

 大平洋金属<5541.T>が大幅続落、昨年来安値を更新となった。同社が13日発表した14年3月期の連結業績予想の減額修正を嫌気する売りに押されている。営業損益は従来予想の41億2100万円の赤字から47億7100万円の赤字と損失幅が拡大する見通しで、収益低迷を嫌気する動きが広がった。ニッケル市況は先行き供給過剰懸念が強く、フェロニッケル最大手の同社にとっても収益環境は厳しいとの見方。PBRは0.5倍台と低いが、大幅赤字見込みの現状にあっては押し目買いの根拠となりにくい。

大平金の株価は14時47分現在324円(▼19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)