浜ゴムが反落、前期営業14%増益達成も利益確定売り

 横浜ゴム<5101.T>が反落。きょう午後1時に発表した前13年12月期の連結決算は売上高6016億2900万円(前の期比7.5%増)、営業利益566億4700万円(同14.0%増)と増収2ケタ超の増益を達成したが、相場全体の地合い悪化もあって当面の利益を確定する売りが先行している。株価はきょう朝方まで5日続伸し、5日安値829円からきょうの高値960円まで約16%上昇していた。前期はプレミアムカーやエコカー向けタイヤの拡販により、売り上げ、利益ともに拡大。今14年12月期は売上高6470億円(前期比7.5%増)、営業利益630億円(同11.2%増)を見込む。あわせて韓国のアシアナグループのクムホタイヤと技術提携すると発表した。

浜ゴムの株価は14時58分現在911円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)