MS&ADの4~12月期純利益7割増、保険料収入好調で株高効果も

 MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>が14日、13年4~12月期の連結決算を発表、経常収益が前年同期比6.8%増の3兆2926億2000万円、純利益が同69.1%増の1595億8700万円となった。純利益はグループ発足後、同期間のピーク利益を更新した。自動車保険や火災保険など保険料収入が順調だったほか、円安や株式市場の上昇で資産運用益が膨らみ収益に貢献している。なお、14年3月期通期の純利益見通しは前期比49.5%増の1250億円で4~12月期時点で340億円強超過している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)