ユーロ円レンジブレイク待ち

ユーロ円はレジスタンスの下かつ基調時間足は下向きで反落
ユーロ円は、昨日は底堅く、上伸ばせるかどうかというところでは、
基調時間足は下向きを保って上は重い状態から反落。
まだ大枠の上下抵抗の間でレンジ。

<ポイント>
今日のユーロ円のように上がるかなと見ていても、
基調時間足’の下向きではブル(上昇期待)になりすぎないこと。
反落した場合の対処の準備をしておく。
   
もし(さほど強くない考えで)買いを持っていたら、
買いエントリーしたところから離れないところでやめたい。
チャート解説; ユーロ円の日足ポイント
現状は、近くの2本の強いピンクラインを意識、この中ではレンジに留意。
ブレークに繋がる動きを捉えたい。