住友精が3日ぶり反発、エアバスA350のエンジン部品を受注と報じられる

 住友精密工業<6355.T>が3日ぶり反発。15日付の日本経済新聞で、欧州エアバスの最新旅客機「A350」にエンジン用熱交換器を供給すると報じられたことを材料視。記事によると、エンジンを製造する英ロールス・ロイスから受注し、2020年まで総額15億円の見通しだという。同社は米ボーイング「787」にも熱交換器を一部供給することが決まっていることから、航空機向け熱交換器事業の成長に寄与するとの期待が高まっているようだ。

住友精の株価は9時4分現在400円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)