マツダが弱含む、小型SUV発売で需要開拓

 マツダ<7261.T>が弱含む展開。外国為替市場で円高が進行、1ドル=101円台に円が買われていることから、足もと輸出採算の改善期待が後退している。ただ、同社が今年中に小型の多目的スポーツ車(SUV)を発売し、国内で販売する方針と16日の日本経済新聞が報じており、これが株価の刺激材料として下値を支えている。価格は最安で100万円台後半に抑える見通しにあり、低価格設定に伴う消費者の需要開拓が期待される。

マツダの株価は9時5分現在470円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)