三井造は小動き、日本近海でメタンハイドレードの採掘に参入と報じられる

 三井造船<7003.T>が小動き。16日付の朝日新聞デジタルで、三井造が天然ガスを含み「燃える氷」と呼ばれるメタンハイドレートを日本近海で探したり掘削したりする事業に乗り出すと報じている。 
 報道では海外メーカーや異業種との提携を進める。海外での海底油田事業などを合わせ、16年度の海洋資源開発事業の売上高を現在の約2倍の2550億円に伸ばす計画。現在は海底油田がメーンだが、これをメタンハイドレートやレアメタルなど、ほかの資源にも広げていく方針としている。

三井造船の株価は9時17分現在194円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)