楽天が急反落、バイバー買収も売り優勢に傾く

 楽天<4755.T>が急反落。同社が14日発表した13年12月の連結決算は、営業利益が前期比80.3%増の902億4400万円と過去ピークを更新した。仮想商店街「楽天市場」などネット通販事業が好調なほか、ネット金融事業も収益に貢献している。ただ、株価には事前に好業績が織り込まれていた。また、同日スマートフォンなどの無料対話アプリ大手のバイバー・メディアを日本円換算約920億円で買収すると発表したが、同分野で急成長するLINEとの比較感から投下資金に対し未知数な部分もあり、足もと株価にはリスク材料としてマイナスに作用しているようだ。

楽天の株価は9時23分現在1498円(▼159円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)