IBJがS高カイ気配、1対3株の株式分割と期末一括配当増配を発表

 IBJ<6071.T>がストップ高水準でカイ気配。前週末14日の取引終了後、3月31日時点の株主に対して1対3株の株式分割を実施すると発表(効力発生日4月1日)しており、これを好感する買いが入っている。投資単位当たりの金額を引き下げることで、流動性の向上と投資家層のさらなる拡大を図ることが狙い。また、あわせて従来未定としていた期末一括配当を50円(前期30円)にすると発表しており、これも好材料視されている。
 同時に発表した単独本決算では、14年12月期は売上高30億5000万円(前期比18.5%増)、営業利益5億4000万円(同20.1%増)、純利益3億1000万円(同15.2%増)を見込んでいる。ソフト、ハード両面への積極的な投資継続で、メディア事業、ラウンジ事業ともに伸長する見通し。また、国内外の婚活ニーズの囲い込みを図るため、台湾などアジア地域を中心に海外への進出を計画している。
 なお、13年12月期業績は売上高25億7400万円(前の期比21.2%増)、営業利益4億5000万円(同42.5%増)、純利益2億6900万円(同46.0%増)となった。主要婚活サービス利用者数の増加でメディア部門が売り上げを伸ばしたほか、ラウンジの新規出店や既存店舗のリニューアルオープン効果のあったサービス部門も伸長した。

IBJの株価は9時34分現在3390円(△503円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)