アウトソーシングは堅調、今期大幅な増収増益を予想しいちよしは投資判断を「B」に引き上げ

 アウトソーシング<2427.T>が堅調。いちよし経済研究所が14日付のリポートで投資判断を従来の「C」から「B」に、フェアバリューを740円から1200円にそれぞれ引き上げた。
 リポートでは「14年12月期は売上高が従来の525億円から613億円(前期比29.4%増)へ、営業利益が16億円から20億円(同66.4%増)へと大幅な増収・増益を予想する。技術系アウトソーシングは安定した成長が見込まれることに加え、製造業アウトソーシングは輸送機器関連の派遣利用の増加や建設・住設向けの拡大が予想される」としている。

アウトソーシングの株価は9時45分現在1049円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)