MS&ADがもみ合い、4~12月期純利益7割増も反応薄

 MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>は前週末終値近辺のもみ合い。同社が14日発表した、13年4~12月期の連結決算は経常収益が前年同期比6.8%増の3兆2926億2000万円、純利益が同69.1%増の1595億8700万円となった。純利益はグループ発足後、同期間のピーク利益を更新している。自動車保険や火災保険など保険料収入が順調だったほか、円安や株式市場の上昇で資産運用益が膨らみ収益に貢献している。なお、14年3月期通期の純利益見通しは前期比49.5%増の1250億円で据え置いているものの、4~12月期時点で340億円強超過していることから増額の公算が大きい。もっとも、株価は14日に戻り高値2505円高値を上ヒゲでつけており、きょうも好業績発表に反応薄で上値の重さが目立つ格好となっている。

MS&ADの株価は10時5分現在2427円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)