菱ガス化が3日続落、シティ証は「中立」へ引き下げ 業績改善ペース想定下回る

 三菱ガス化学<4182.T>が大幅に3日続落。シティグループ証券は14日、同社の投資評価を「買い」から「中立」に引き下げた。目標株価は従来の920円から750円に見直している。同証券では、「不採算事業の構造改革に加え、円安傾向、スマートフォン関連部材の需要拡大など好環境下にも関わらず収益改善の程度は小さく、先行きの収益拡大ペースも緩慢なものとなろう」とし、業績改善ペースは想定を大きく下回ることを指摘している。ブルネイのメタノール設備の再稼働や上海・ポリカーボネート(PC)樹脂の減損計上など期待されていた材料のすでに発表済みで、メタノールも下落に転じる可能性が高いことから、株価上昇のきっかけは見出しにくいとの見方を示している。

菱ガス化の株価は10時14分現在638円(▼37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)