リリカラは売り一巡後に戻す、今12月期は大幅増益予想

 リリカラ<9827.T>はこの日、一時前日比6円安の128円まで売られたが、その後は戻す動き。同社は14日大引け後に前13年12月通期業績を発表。インテリア事業で、主力の壁装材・カーテンの売上高が予想を下回わったことから売上高で当初計画の363億円に対して353億2900万円(前々期比4.6%増)、営業損益で3億5000万円の黒字に対して1億5000万円の黒字(前々期実績2億4900万円の赤字)と計画未達となった。しかしながら続く今期は売上高372億円(前期比5.3%増)、営業利益2億3000万円(同53.3%増)と大幅な増益を見込んでいることから、業績拡大への期待も高い。壁装材見本帳“ウィル”を発行するほか、既発行見本帳の増冊発行も行う予定で、この効果も予想される。

リリカラの株価は10時26分現在134円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)