帝国繊維が急伸、福島第一原発汚染水対策で思惑再燃

 帝国繊維<3302.T>が急伸、前週末比201円高の1462円まで買い進まれ、約1カ月ぶりに昨年来高値を更新した。14日に東京電力<9501.T>が福島第一原子力発電所淡水化装置処理水移送配管ストレーナ差圧指示計からの漏えいについて「発電用原子炉施設故障等報告書」を提出。東電は直ちに差圧指示計の元弁を閉め、漏えいは停止したとしているが、対策強化が必要な状況で、除染テント・除染シャワーやRI防護服などに実績を持つ同社に思惑が改めて広がったようだ。全般手掛かり材料難のなか、値動きの軽さも買い瀬を誘っている。

帝国繊維の株価は11時18分現在1422円(△161円)