フルキャストHDが急反騰、今期大幅増益予想と前期復配を好感

 フルキャストホールディングス<4848.T>が急反騰。前週末14日引け後に発表した連結本決算で、14年12月期予想の営業利益を7億500万~8億5100万円(前期比2.1~2.5倍)としたことを好感した買いが入っている。主力事業の「短期業務支援事業」で、短期派遣事業から「アルバイト紹介」および「アルバイト給与管理代行」の新サービスに業態を転換しており、この効果が表れるとの見通しから大幅増益を見込んでいる。
 また、13年12月期業績は売上高174億6200万円、営業利益3億3800万円、純利益4億8000万円となった。12年12月期は決算期変更に伴い15カ月決算だったことから、前の期との比較はないが、従来無配を予定していた期末一括配当を14円にすると発表しており、07年9月期以来の復配実施も好材料視されている。

フルキャストHDの株価は11時30分現在292円(△65円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)