アーレスティは急落も下げ幅縮小、公募増資と東証1部指定など発表

 アーレスティ<5852.T>は急落後、下値に買いが流入し下げ幅を縮小する展開。株価は午前9時50分過ぎに一時、前週末に比べ55円安の918円まで売られたが、その後、前引けにかけ下げ幅を縮小した。
 14日に、東京証券取引所の承認を受け3月7日に東証2部から東証1部銘柄に指定されることになったと発表した。ただ同時に公募増資の実施も明らかにしており、この日は希薄化懸念からの売りが優勢となった。同社は375万株の公募増資と上限56万2500株のオーバーアロットメントによる売り出しを行う。調達金額は約35億円で、主に子会社に対する投融資資金に充てる。公募の発行価格は24日から27日のいずれかの日に決定する。

アーレスティの株価は11時30分現在962円(▼11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)