洋ゴムが続急伸、買い人気強まり昨年来高値大幅更新

 東洋ゴム工業<5105.T>が続急伸で新高値。前週末14日に全般軟調相場に逆行し大幅高したが、きょうも持ち前の足の速さをみせつける展開となっている。前週末取引時間中に14年12月期の連結純利益が前期比2.2倍の250億円と急拡大する見通しを発表、これを引き続き評価する買い。自動車販売が好調な北米で大型車用タイヤの販売が大きく伸びているほか、円安による輸出採算改善効果も寄与している。また高水準の需要に対応して、米国での増産や、マレーシア新工場の稼働などが同社の収益拡大速度を強める“成長エンジン”となっている。元来、材料株素地にも富んでおり、きょうは短期筋の買いも誘発して一気に680円台まで買い進まれ、10月17日につけた昨年来高値648円をはるか後方に押しやる勢いをみせている。

洋ゴムの株価は13時47分現在684円(△51円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)