<チャートの視点>=シチズンHD、5・25日線のGCが目前に迫る

 シチズンホールディングス<7762.T>は、5日移動平均線(14日時点:828円)と25日移動平均線(同:837円)のゴールデン・クロス(GC)が目前に迫っている。先月16日に昨年来高値911円をつけたあと、今月4日安値749円まで調整。一時は75日移動平均線を下回ったが、その後は26週移動平均線がサポートラインとなるかたちで持ち直す動きとなっている。
 なお、同社は12日に14年3月期通期の連結業績見通しを上方修正。時計事業と工作機械事業が好調に推移するなか、売上高を従来予想の3010億円から3060億円(前期比12.5%増)に、経常利益を215億円から235億円(同70.2%増)に、最終損益を130億円の黒字から140億円の黒字(前期実績は88億5500万円の赤字)に引き上げた。また、好業績を背景に、期末配当を従来計画の5円から8円に引き上げる方針も発表。この結果、年間配当は従来の10円から13円(前期実績は8円)となる。

シチズンHDは13時57分現在837円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)