<チャートの視点>=五洋建、5・25日線のGCが実現する可能性高まる

 五洋建設<1893.T>は、5日移動平均線(14日時点:373円)と25日移動平均線(同:378円)のゴールデン・クロス(GC)が実現する可能性が高まっている。先月17日に昨年来高値418円をつけたあと、今月4日安値334円まで調整。その後は戻り歩調に転じ、チャート的には75日移動平均線や13週移動平均線が下支えするかたちとなった。週足をみると、13週・26週・52週移動平均線が右肩上がりの形状を維持。一目均衡表では昨年9月上旬以降、先行スパン1と先行スパン2で囲まれた範囲(雲)を上回る推移が続いている。
 なお、同社は13日に14年3月期通期の連結業績見通しを上方修正。公共投資の増加や民間設備投資の回復など受注環境の改善を背景に、売上高を従来予想の3570億円から3670億円(前期比4.9%増)に、経常利益を75億円から88億円(同34.2%増)に、最終利益を26億円から34億円(同67.5%増)に引き上げている。

五洋建の株価は14時15分現在381円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)