シードは3月12日に東証2部へ市場変更、業績増額修正と公募増資も発表

 ジャスダック上場のシード<7743.T>は17日、東京証券取引所の承認を受け3月12日から東証2部へ市場変更することになったと発表した。同時に業績の増額修正と公募増資の実施も明らかにした。14年3月期の連結業績は売上高が180億円から183億円(前期比21.7%増)に見直し、営業利益は9億4000万円から11億円(同29.7%増)に増額した。1日使い捨てコンタクトレンズが好調に推移したことなどが収益を押し上げた。
 また、78万3000株の公募による自己株処分と上限11万7000株のオーバーアロットメントによる売り出しを行う。調達金額は約15億2900万円で、主に新工場建物の建設資金や製造設備資金などに充てる。自己株処分の処分価格は26日から3月4日までのいずれかの日に決定する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)