アイレップが5日ぶり反発、スマホ向け販促技術を有する米IT企業と提携と報じられる

 アイレップ<2132.T>が5日ぶりに反発。きょう付の日経産業新聞で、スマートフォン向け販売促進技術を持つ米IT企業と提携すると報じられたことを材料視。記事によると、提携相手の米フィクス社はアプリの利用状況を分析して、販促を支援する技術が強みで。アイレップはフィクスのサービスを日本国内で独占的に販売する権利を取得したという。国内外でアプリ事業を展開する日本企業向けに、サービスを販売する方針で、フィクス社が米国内に700社以上の導入実績を持つことから、国内需要に期待する買いが入っているようだ。

アイレップの株価は9時54分現在594円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)