フルキャスト(4848)、連日の急騰で「やり過ぎ感」も・・・

カラ売りを引き込んで、踏み上げの思惑
連日の大幅高となっているが、出来高を伴った上ひげが出現。上値の重さを示している。さすがに「やり過ぎ」の感は強いが、昨日の日証金残では新規の貸株が130万株ほど増加。踏み上げの準備は整ったようだ。「終わりそうで終わらない相場」――そんな展開になりそうである。安易なカラ売りは禁物。