兼松日産が上値追い加速、材料株人気素地に業績面の変化も

 兼松日産農林<7961.T>が上値追い加速。一時169円まで買われ前日比8%超の上昇となった。往年の仕手株として折に触れ個人投資家などの短期資金の食指を動かす銘柄だが、ここ業績も改善色を強めており、ファンダメンタルズ面からのアプローチでも見直し余地が意識されている。同社が手掛ける木材利用の地盤強化用パイルなど、ジオテック事業が住宅メーカー向けに好調、監視カメラなどセキュリティー機器事業も収益に寄与しており、14年3月期の連結最終利益は前期比12%増の6億円が見込まれている。

兼松日産の株価は11時10分現在167円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)