東テクが続伸、シャッター強度1.4倍に補強する装置を開発と報じられる

 東テク<9960.T>が続伸。きょう付の日経産業新聞で、防災機器製造の沢田防災技研(鳥取県鳥取市)などと組んで、中小の工場や倉庫のシャッターを補強する装置を開発し、月内にも売り出すと報じられたことを材料視する買いが入っている。記事によると、専用のアルミ製器具でシャッターを挟みこむ仕組みで、強度は1.4倍になるという。シャッターの補強はこれまで物件ごとに工事することがほとんどで、高額になっていたが、安価に抑えられることから需要増が期待されている。
 なお、同社では同日、2月7日に発表した不適切な会計処理などの事実関係の詳細および経緯などの調査を行うことを目的に「調査委員会」を新たに設置することを決定したと発表している。

東テクの株価は11時30分現在729円(△28円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)